猫天使 ʚɞ 花ちゃん物語

ウチの愛娘花ちゃんに遭遇したのは 2015 年 8 月の終わり。
半袖で汗かきながら、急いでウチへ連れ帰りました。
なぜなら夕立ちが降り始め、辺りが暗くなると同時に肌寒くなってきたからです。
青山公園周辺で、エサやりをしているお宅に協力して頂き、捕獲器を玄関横に設置。
見たことのないメスが捕まりました。
パステル キジ?しかもビューティホー♪

翌日の夕方に避妊手術後のお迎えへ。
獣医師が「この子、出産後で授乳中だよ」...。
「あーやっちまった (lll-ω-) 」と顔面蒼白。
24時間以上、母猫から離してしまったら乳飲み子の命が危険です。
急いで、捕まえた家近くへママ猫をリリース。
後を追いますが、人が入れない場所に姿を消してしまいました。

しばらく捜索するも、ちびっ子は見当たらず。
もう一度、ママ猫を放した地点へ戻ると子猫の声が!というか大合唱 ฅ(๑>ㅅ<๑)ฅ にゃー

夏季休業中店舗の裏手、草がボウボウの倉庫の下へいました。
ホント、猫のお母さんは賢いです。
診療時間終了間際でしたが、動物病院に連絡をし診て頂きました。
茶白・三毛・黒白(=花)・キジと毛色が異なる4兄弟。

目が開いたばかり生後約10日とのこと。
体重は 200 g 前後、花がジャストくらいで、キジは下回っていました。
キジちゃんは、見た目も一回り以上小さく儚げ。

先生から花とキジは、低体温・脱水症状があるため暖かくしてと言われ、栄養剤の注射をして貰いました。

キジちゃん、捕獲直後は動きがあり、ミルクも少量を飲んでくれましたが...。
それから2日後の朝、静かに眠るように天国へ。
ミルクボランティアで預かりの場合は、健康な子を託されると思います。
ただ赤ちゃん猫は、突然な体調の変化に気をつけなければなりません。
 
★生後3週目までは命を落としやすいとされています。
★週に一度の通院をお薦めします。
★シャンプー・駆虫は必ず医師の指示に従って下さい。
★湿度は 55~65 %が理想です。
★温度は1週齢までは 29~32 ℃
3週齢まで 26~29 ℃
4週齢まで 23~26 ℃が目安です。
花は未熟児のまま、週遅れの成長で予断は許さない状態でした。
ミルクの飲みが悪く、下痢が続き危うい時も。

いつも花ちゃんの隣りには、キジちゃんが寄り添っている気がしています。
「がんばれ \( ΦᆺΦ)/ 」ってエールを送り続けてくれたんだよね。

ありがとう!きっと花ちゃんは君の分まで幸せにするよ ╰(*´︶`*)╯♡..*゜

  【 ねこてん 】
http://www.nekoten2015.com

0コメント

  • 1000 / 1000

ねこてん

~ 全ての猫は天使である ~